Dreameについて

Dreame Technology(ドリーミーテクノロジー)、以下「Dreame(ドリーミー)」)は、「ハイテクノロジーを、もっと毎日の生活へ」というビジョンのもと、ハイテクノロジーのスマート掃除機の研究開発、製造、販売を行うグローバル企業です。中国国内理系大学トップ「清華大学」出身のFounder & CEO俞浩(YU HAO)によって設立されました。

現在、中国、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界100以上の国と地域で展開、グローバルで合計出荷実績は2100万台超えます。日本においてはスマート家電ブランドとして、水拭き掃除機、ロボット掃除機、ヘアドライヤーなどの製品を通して皆様に、ハイテクノロジーが自然に溶け込んだ日常生活をご提案して参ります。Dreameの強みは業界トップの高速デジタルモーター技術をはじめ、流体力学、SLAM(リアルタイム位置検知及びマッピング)アルゴリズムなど数々の領域における高い技術力です。これを実現するため全社員の6割以上を研究開発人材としており、年間に投じる研究開発への投資費比率は約7%に達するなど、業界水準をはるかに上回るレベルで、研究開発に力を入れています。また2023年12月末時点、世界中で4,256件の特許を出願していることも、Dreameの技術力を証明しています。

Dreame Technology Japanは2023年2月、自動ゴミ収集ステーション付きロボット掃除機DreameBot D10PlusをAmazonジャパンで発売し、日本市場に本格参入しました。同年6月にはオフラインでの販売チャンネルの開拓を行い、大手家電量販店ビックカメラ/コジマにて、上位モデルのロボット掃除機DreameBot L10sUltraと全く新しいコンセプトの水拭き掃除機H12Proの販売をスタートさせました。さらに10月には、今秋のドイツのIFA展示会で多くのメディアから「Best of IFA」、家電批評からBEST BUY OF THE YEAR 2023に選ばれた最上位モデルロボット掃除機L20 Ultra Completeを発売しました。今後もさらなるハイエンドモデルの投入を予定しているほか、日本中を驚かすような最先端テクノロジー製品をリリースしていきます。

インテリジェント製造工場

Dreameは世界のトップレベルに立つ技術革新と製品の品質向上に注力し、自社工場での一貫生産を徹底しています。
2024年3月時点で、自社生産工場を168,000㎡まで拡張し、一貫生産の管理を確保しました。
当社はMES(製造実行システム)を用いた正確な製造管理を行い、メカニカルアームによるスマート家電製品の自動組立を実現しています。

コアテクノロジー

モーターの回転数は掃除機の吸引力と密接に関係しています。

世界中の同業他社が50,000〜100,000rpmの回転数に到達していた時代に、Dreameは150,000〜180,000 rpm を達成し、世界初かつトップレベルの回転数を誇っていました。
また、ロボット制御に関する特許を複数取得しており、2023年12月末までに、世界中で4,256件の特許を出願しています。

出願特許数
4256

発明特許出願
1466

PCT出願
297

累計特許数
2206

Dreameは、 社員の60%以上が技術者です。

Dreameの社員のうち研究開発人材が6割以上を占め、年間に投じる研究開発への投資費比率は約7%に達するなど、業界水準をはるかに上回っています。
特に流体力学及びSLAM (リアルタイム位置検知及びマッピング) においては業界内屈指の技術力を保有しています。

Dreameは業界でも高く評価されています。